病棟看護師と外来看護師

看護師@1年目で外来希望はアリ ?!

1年目で外来希望はアリ ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

看護学生の皆さんはもうご存知だと思いますが、病院で働いている看護師は「病棟看護師」と「外来看護師」に分けられています。

 

もっと細かく言えば、病棟と外来以外の場所にも看護師が配置されている部門(人工透析室や手術室、中央材料室など)はありますが。

 

卒業後どんな部署で働きたいか考える際、多くの学生が、自分が興味を持つ診療科の病棟で働きたいと考えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

外来看護師の仕事はパッと見、簡単に見えるかもしれません。

 

患者さんの対応を中心に、診療の介助をしたり、事務的な作業をしたり。

 

(実は、ひと癖もふた癖もある先生の対応がいちばん大変だったりするみたいですけどね 笑)

 

でもそんな流れをそつなくこなすのって、ベースの「アセスメント能力」や「コミュニケーション能力」、「観察力」「判断力」がないと厳しいようです。

 

経験が浅いスタッフだったらスル―してしまうような状況でもしっかりキャッチして対処するのが、外来ベテランナース。

 

実は先生達はそういうナースの事をものすごく頼りにしています。(と、同時に恐れてもいる)

 

外来は患者さんの対応も大変ですが、実は自分がいる部署とは別の診療科の外来や検査室、関連病棟とのやり取りなど、看護業務とは別の「折衝能力」が求められるのです。

 

簡単に言うと、「押しが強くないとダメ」ってこと(笑) そうでもないと、回転しません。

 

外来にいるベテランナースだって、昔はみんな新人ナース。はじめからそんな能力なかったと言えば当然ですけどね。

 

でもやっぱり、病棟で訓練を積んで来たという自信がないと、厳しいかもしれません。

 

自分の希望に反して、新人でいきなり外来に配属されることもたまにはあります。

 

「夜勤したくないからラッキー」という考えの子なら問題ありませんが、病棟を希望していたのに外来に配属された同期は不満たらたらです。

 

夜勤手当がない分、お給料もかなり低くなってしまいますし。

 

家庭の都合や自分の体調に合わせて、はじめから外来に行くというのは、アリだと思います。現にそんな同期もいます!

 

でもなるべくはじめは病棟で鍛えておくのが、長期的に見ると自分の為になると私は思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師


ホーム RSS購読 サイトマップ