看護師@何科で働く?

看護師の仕事@将来は何科で働く ?!

看護師@何科で働く?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

看護師を目指している皆さんは、「将来どんな診療科で働きたい!」とか、考えていますか?

 

たとえば、自分や家族が昔入院していたことがきかっけで看護師になりたいと思った人は、その時点である程度はイメージ出来てるかも知れませんね。

 

あと、ドラマやドキュメンタリー番組を見たことがきかっけの人も。でもね、入学してすぐの時と、実習を経験してからでは、これって結構変わるんですよ。

 

私なんて、入学当初は助産師を目指していました。で、今は全く助産師になりたいとは思いません。

 

将来自分が出産したことをきかっけに助産師を目指すようになる人もいるみたいだけど。

 

SAKUが働いているのは総合内科病棟です。うぅっ…。なんて地味な響き…。(不謹慎だけど。。)

 

 

スポンサーリンク

 

 

「救命病棟で働いています」(キリッ
「心臓血管外科病棟で働いています」(キリッ
「オペセン勤務です」(キリッ

 

ま、眩し過ぎる。

 

医療関係者以外、総合内科病棟なんて言われても、「は?なにそれ?」…ですよね。ざっくりし過ぎて。(笑)

 

「総合」ってついてるくらいなので、本当にいろんな疾患の患者さんが入院しておられます。

 

私が希望したのは「血液腫瘍内科病棟」だったのに、辞令に書かれていた文字は「総合内科病棟での看護業務」。

 

はじめっから「総合内科病棟を希望しますっ」という看護師っていない気がする。なんというか、玄人好み過ぎるでしょ(笑)

 

いちばん最初の配属が、その後の自分の進路にものすごーく影響すると思います。(んじゃ、私は内科畑か…)

 

学生時代、実習しながらアレコレ想像するのも、結構楽しかったです。

 

クラスメートがどの科を希望するのか、聞かなくても日頃のキャラでわかっちゃうのも面白い。

 

「Aは急性期の病棟選びそう」
「Bは将来、教務行きそうな顔してる」
「Cみたいなタイプは、医者と結婚する」…とか。(笑)

 

超テキパキ・出来る女系の子が、精神科実習をきかっけに精神科看護を極めたいと言いだした時には驚いたけど。(彼女は教務の反対を押し切って、卒後すぐに精神科の療養施設に就職しました〜)

 

さて、皆さんは、何科で働く?

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師の仕事@将来は何科で働く ?!記事一覧

看護師@1年目で外来希望はアリ ?!

看護学生の皆さんはもうご存知だと思いますが、病院で働いている看護師は「病棟看護師」と「外来看護師」に分けられています。もっと細かく言えば、病棟と外来以外の場所にも看護師が配置されている部門(人工透析室や手術室、中央材料室など)はありますが。卒業後どんな部署で働きたいか考える際、多くの学生が、自分が興...

≫続きを読む

 

看護師@外科出身の先輩ナースあるある

私、SAKUはとある私立大学病院の総合内科病棟に勤務する新人ナースです。先輩達からは、「全然患者さんが見えてない!」、「もっと(患者さんの)観察眼を鍛えて!」…ってカンジで、日々厳しくご指導いただいています。こんなわたしですが、看護師の先輩達を観察する(そして即座にキャラを掴む)観察力だけは、結構あ...

≫続きを読む

 

ワーク・ライフ・バランス

働く既婚女性なら誰でも、「ワーク・ライフ・バランス」という言葉に敏感だと思います。妊娠・出産・育児・介護そして家事。ここに仕事がプラスされたら、生活にゆとりがなくなって当然ですよね。私なんて、独身1人暮らし(家事なんて超テキトー)のお気楽な身分ですが、夜勤ありの生活をしているとなかなかしんどいし、シ...

≫続きを読む

 

看護師@舞台裏での地味な仕事 !!

患者さんのトコロにやって来る時の看護師の顔と、詰所で仕事している時の看護師の顔は、実際は結構違います(笑)患者さんからは見えない舞台裏での仕事。(かなり地味な仕事が)大量にありますっ!それでは皆さん、看護師が働いている姿を思い浮かべてみてください。どんな仕事をしている様子でしょうか?救急車から降りて...

≫続きを読む

 

ドクターも患者さんも診療科によって色々

実習をまだ経験していない学生さんでも何となく想像がつくかも知れませんが…ドクターって本当に個性的な方が多いです。(←変わってる人ばっかり、とも言います)看護師さん達のキャラも色々で、「あ〜、いかにも○○病棟ってカンジの看護師だわ」、「見た目からして○○病棟っぽい顔と喋り方だよね」 とか、めちゃくちゃ...

≫続きを読む

 

外科ドクターズ最大の特徴!

医療に関わる仕事がしたいと昔から考えていた割には、病院のことなんてほとんど何も知らないまま看護学校に入学したSAKUです。外来と病棟で機能が分かれていることも知らなければ、意外と地味な詰所内での作業が多い事も知りませんでした。「診療科」についても、そう。知っている診療科と言えば、内科、外科、整形外科...

≫続きを読む

 

血液疾患の患者さん(患者さん達と接していて感じること)

SAKUが勤務する総合内科病棟には、血液疾患の患者さんも入院されます。血液疾患と言っても種類がたくさんありますが、悪性リンパ腫・急性骨髄性白血病・急性リンパ性白血病の患者さんがメインです。血液腫瘍内科の専門病棟ではないので、専用のクリーンルーム(無菌室)はありません。だから化学療法で骨髄抑制が出てき...

≫続きを読む

 

糖尿病の患者さん達と看護

成人回復期実習のページでも少しお話しましたが、総合内科病棟にはリピーターの患者さんがたくさん入院してこられます。特に多いのが糖尿病の患者さん。糖尿病だけで入院して来る人もいますが、他の病気(がんなど)の治療目的で入院しているけど、既往歴として糖尿病を持っているケースも多いですね。糖尿病の患者さんって...

≫続きを読む

 

診療科によって怖いシーンも色々です

医療系のドラマで研修医(男)が血を見て倒れるシーンを見たことがあります。連日のリオペ(再手術)の為、過労でナースステーション内で倒れてしまった研修医(男)はいるけど。そして二日酔い・脱水気味のまま手術に入って、術中にぶっ倒れて緊急入院した先生(男)もいますが(笑)←まさかの外科部長(男)。(もちろん...

≫続きを読む

 

終末期の患者さんの姿

総合内科病棟には、終末期の患者さんも多く入院されています。看護師としてまだまだ経験が浅いSAKUですが、慢性期の患者さんが、増悪→回復→小康状態→増悪→回復→小康状態…というサイクルを繰り返しながら、徐々に悪い状態に入って行き、やがて臨終を迎えるという、「終末期の患者さんの姿」を、やっとしっかりと理...

≫続きを読む

 

看護師


ホーム RSS購読 サイトマップ