上手に計画発表するコツ

上手に計画発表するコツ

上手に計画発表するコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

以前、「(指導者さんor担当看護師さんに)話しかけるタイミングが重要」とお話しました。

 

これは学生が計画発表を上手に乗り切るための極意には留まらず、社会人になってからも大変重要となってくる事は確かです。

 

「発表が済むまでは気持ちが落ち着かない」
「朝イチの処置の時間までに、なんとかして計画発表を終えなくては…」

 

発表する側の学生の心の中は、こんなカンジですよね。

 

緊張と不安と焦りが、グルグルグル…(苦笑)

 

で、ついつい忙しくてバタバタしてるところに突然入って行って

 

「計画発表させてください!」(シャッキ―ン)

 

なんて言うから、イラつかれるのです(笑)

 

しかも、表情が怖い!引きつってる!(緊張してるから仕方ないかもしれないけど)

 

 

スポンサーリンク

 

 

でもこれって、学生と指導者の間だけの問題じゃないと思いませんか?

 

先輩に対してだけではなく、友達同士でも、同期でも、家族でも、カップルに置き換えて考えてみても

 

人に何かを伝えようとする時や、お願いをする時、自然と相手のタイミングも見計らって行動してませんか?

 

その間合いをすっ飛ばして、「自分、自分」となった場合、相手に不快感を与えてしまう可能性が高くなります。

 

特に、複数名の患者さんを同時に看ている病棟看護師となると、どたばたして余裕がなくなる時があります。

 

スタッフは「とにかく今やらないといけないこと」に、勤務時間中ずーっと追われている状態なんです。(しかも患者さんの命にかかわるような事や、油断すると大事故につながりかねない事ばっかり)

 

計画発表させてもらえる状況か、看護師さんの動きを良く観察して、忙しそうなら後から時間を取ってもらえるようにお願いしましょう。

 

計画っ発表のコツっていうか、コミュニケーションの取り方のお話になってしまいましたね、今日は。

 

でもコミュニケーションは、看護技術の教科書の一番初めに載っているってこと、皆さんならよーく知ってますよね?!

 

タイミングを見計らってコミュニケーションを取ることは、チームを上手く機能させる上での基本なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師


ホーム RSS購読 サイトマップ