看護計画発表

恐怖の(看護)計画発表

(看護)計画発表

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

看護学生経験者、つまり看護師(特に卒後間もない新人ナース)ならみんな「計画発表」というワードを聞くだけで、何とも言えぬ緊張感がよみがえることでしょう。

 

それなのに、なぜ?!

 

(看護)計画発表する時の看護師さん達の恐ろしさと言ったら…!!

 

看護計画の立案自体、慣れるまではかなり苦労するけど(汗)

 

私的には 毎日の大量の記録物よりも、計画発表の方が何百倍も苦痛でした。

 

計画発表は指導者にするのが基本。

 

 

スポンサーリンク

 

 

でも2年の後半くらいからは、自分の受け持ち患者さんの受け持ち看護師に発表するのが当たり前になります。

 

で、受け持ち看護師が休みの日とか夜勤入りの日は、その日の担当看護師に発表。

 

で、その日の担当看護師が4年目未満の時は、指導者に発表。

 

つまり、「看護計画を発表する看護師さんが誰なのか、当日病棟に行ってみないとわからない(出たとこ勝負ってこと)」

 

指導者さんがどんなキャラで、地雷がどこにあるのか。

 

この程度のこと、実習に行く前に全部情報を握っているのが看護学生です!

 

でも、スタッフレベルになると、情報はなかなか出回らないので、対策のしようがないっ。。(SAKUは直前に同じ病棟で実習したグループの子に聞きまくってました)

 

ホワイトボードでその日の担当看護師さんの名前を見て、申し送り中に名札をひたすらガン見(笑)

 

はじめは顔と名前が一致しないレベルですから。

 

見るからに優しそうな人、あっさり系の看護師さんなら、セーフ!!

 

…その逆の人なら、計画発表が終わるまで、生き地獄ですよ〜。

 

学生が声をかけるだけで、明らかに殺気立つ人も多し(ドクターと雑談してた時はキャピキャピ楽しそうにしてたクセにっっ)

 

皆さんを不安にさせるようなことばかり書いてスミマセン。最後に少しだけ、計画発表が上手く行くコツを伝授しておきますね。

 

☆話しかけるタイミングが大切(バタバタと忙しそうにしている時に呼び止めない)

 

☆書いてあることを読むだけではなく、必ず昨日の自分の看護を振り返って、修正した点をアピールする

 

看護師さんのキャラをつかむのも、話しかけるタイミングも、慣れれば段々上手くなって行くと思います。

 

みんな、ファイトだっ!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

恐怖の(看護)計画発表記事一覧

上手に計画発表するコツ

以前、「(指導者さんor担当看護師さんに)話しかけるタイミングが重要」とお話しました。これは学生が計画発表を上手に乗り切るための極意には留まらず、社会人になってからも大変重要となってくる事は確かです。「発表が済むまでは気持ちが落ち着かない」「朝イチの処置の時間までに、なんとかして計画発表を終えなくて...

≫続きを読む

 

看護師


ホーム RSS購読 サイトマップ