看護学生と産科病棟

看護学生と産科病棟

看護師と助産師

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

産科病棟で働いているスタッフの多くは助産師です。

 

助産師も看護師も配置されている病院も、もちろん存在しています。(産科病院や、婦人科病棟と産科病棟の混合病棟の場合など)

 

でも大きめの総合病院の産科病棟なら、100%助産師が配置されている場合がほとんどです。

 

看護師と助産師の違い、分かりますか?

 

助産師はお産のエキスパート。

 

もっと分かりやすく説明するとすれば、看護師の基礎知識をベースに、周産期のケアを専門的に学び、実践する人のことです。

 

もちろん免許の上でも、「看護師免許」+「助産師免許」ということになります。

 

なので産科病棟に配属された看護師さんはやはり、複雑みたいですね。

 

看護師免許だけでは、分娩に関わる外回り的なことしかできません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

こんな話をすると、

 

「じゃあ、看護学生は母性看護実習で何をすればいいの?」
「実習計画の立案はどうするの?」

 

こんな声が聞こえてきそうです。

 

母性看護実習では、将来助産師を目指す人も、そうでない人も、みんな一緒に看護実習の一環として勉強するので、学習目標のレベルは一緒です。

 

具体的には、教科書に載っている標準看護計画をベースにする(=まる写し)十分です。(もちろん、受け持ちの方の年齢、既往歴や初産・経産婦かどうか、などの個別性は盛り込んで下さいよ〜)

 

実習中は分娩に付き添うことが出来る、本当に貴重な時間です。

 

なので教科書的な勉強を必死でするよりも、皆さんが持っている「感性」を研ぎ澄ませて、産婦さんや生まれたての赤ちゃんとの関わり自体を楽しむことを目指しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師


ホーム RSS購読 サイトマップ